みん経トピックス

自由度高い空港バス回数券コスメキッチン

新橋・東京駅発深夜バス、成田空港へ延伸-早朝出発LCC便に対応

新橋・東京駅発深夜バス、成田空港へ延伸-早朝出発LCC便に対応

成田空港交通の大型バス車両(成田空港交通資料より)

地図を拡大

 成田空港交通(千葉県成田市)は12月3日、新橋駅(港区)・有楽町駅(千代田区)・東京駅(同)・西船橋駅(千葉県船橋市)から乗車可能な成田空港第2ターミナルビル行きの「深夜急行バス」の運行を開始した。早朝に同空港を出発するLCC便などに対応する。

 平日の終電後に都心を出発して千葉方面経由で京成成田駅(千葉県成田市)まで運行していた従来の深夜バスを、成田空港ターミナルまで延伸。土日祝日を含め毎日運行する。主な停留所の時間は新橋駅発=0時30分、有楽町駅発=0時40分、東京駅発=0時50分、西船橋駅発=1時15分、千葉ニュータウン中央駅=1時58分、京成成田駅=2時30分、成田空港第2ターミナルビル=3時30分(京成成田駅前で時間調整あり)。

 料金は都内~空港=2,000円・西船橋駅~空港=1,000円(大人)。42席の先着順利用で、予約不要。

 同空港では今年夏のLCCの国内路線の運航開始に伴う早朝便の開設で、第2ターミナルの運用時間を変更。開館を最大2時間30分繰り上げ3時30分にしたが、旅客向けの公共交通機関の整備と拡充が求められてきた。都心から成田への新規のバスサービスとしては、同社と京成バス(東京都墨田区)が共同で7月より、成田空港~東京駅間に高速バス「東京シャトル(Tokyo Shuttle)」を運行。主にLCC旅客向けに格安料金を提供している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

リムジンバスが羽田空港の乗り場の作業に本格導入した「ロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)」
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング