みん経トピックス

羽田空港乗客数が世界第4位「仙台空港祭」今年も開催へ

羽田空港、媒体提供・イベントで震災復興支援-「TOMODACHIイニシアチブ」参画

羽田空港、媒体提供・イベントで震災復興支援-「TOMODACHIイニシアチブ」参画

「TOMODACHIイニシアチブ」の電照看板

写真を拡大 地図を拡大

 羽田空港の国内線・国際線ターミナルに今月、「TOMODACHIイニシアチブ」のコンテンツを配信する電照看板が設置された。デジタルサイネージなど合わせ、空港利用者に向けて東日本大震災からの復興への取り組みなどの情報を伝えている。

 同ターミナルなどを管理運営する日本空港ビルデング(東京都大田区)が震災復興を広く支援しようと、日米の官民パートナーシップ「TOMODACHI イニシアチブ」への参画を決め、スポンサー契約を締結したもの。

 支援は主に、同パートナーシップが展開する「教育・交流」「スポーツ・音楽・芸術」「企業支援・指導者育成」の各プログラムに向けた広告展開・媒体提供などを通じて行う。ターミナル内の計4カ所の電照看板とデジタルサイネージなどのメディアスペースで多様なコンテンツを配信するほか、空港内で無料配布される情報誌「BIG BIRD PRESS(ビッグバードプレス)」内での関連記事掲載や、出発ゲートモニターでのショートムービー上映などを予定。イベントやカンファレンスなどの開催にも協力する。支援規模は約25 万ドル(約2,700万円)相当になるという。

 「TOMODACHIイニシアチブ」は米日カウンシルージャパンと東京の米国大使館が主導する官民パートナーシップで、東日本大震災後の日本の復興支援活動を通して、日米関係の強化と相互理解、次世代のリーダーの育成などを目指している。(取材協力=東京ベイ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング