みん経トピックス

羽田空港に新業態コーヒー店成田に「空港の家具」設置

羽田空港発着の定額制タクシーがエリア拡大、三浦半島全域をカバーへ

羽田空港発着の定額制タクシーがエリア拡大、三浦半島全域をカバーへ

利便性で「DOOR to SKY」目指す

写真を拡大 地図を拡大

 京急タクシーグループ(神奈川県鎌倉市)が12月1日から、羽田空港国際線ターミナルと関東の主要都市を結ぶ「定額制タクシー」のサービスエリアを拡大する。

新たに追加されたカバーエリア図

新たに追加されたカバーエリア図

 乗降を希望するエリアごとに制定された運賃で乗車できる定額制のサービスで、現在のカバーエリアは東京・川崎・横浜・鎌倉・逗子・葉山。今回のエリア拡大で、新たに横須賀市内全域と三浦市内全域を追加し、これにより三浦半島は全域をカバーすることになる。

 自宅から空港まで「定額運賃でわかりやすく安心して利用できる」と評価を得ていて、利便性において「DOOR to SKY」を目指し、空港へのさらなるアクセス向上に注力する。あわせて成田空港発着の定額制タクシーも鎌倉・逗子・葉山エリアで運行を開始し、これにより成田空港発着のサービスも川崎・横浜と三浦半島をカバーする。

 羽田発着サービスで新たに導入するエリアは、横須賀市追浜・田浦地区=11,500円(深夜早朝=13,500円)、横須賀市逸見・本庁・衣笠地区=14,200円(深夜早朝=16,900円)、横須賀市西地区=15,300円(深夜早朝=18,100円)、横須賀市大津・浦賀・久里浜・北下浦地区=16,000円(深夜早朝18,900円)、三浦市全域=17,400円(深夜早朝=20,600円)。

 既存エリアの運賃や配車方法は、京急タクシーグループのウェブサイトで確認できる。(取材協力=東京ベイ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング