みん経トピックス

パスポ取得で1万円贈呈羽田空港にほおずき・朝顔

東京モノレール、羽田~浜松町全区間・全車両に無料Wi-Fi 国内鉄道初

東京モノレール、羽田~浜松町全区間・全車両に無料Wi-Fi 国内鉄道初

無料インターネットアクセスのスポットに掲出されるロゴイメージ

写真を拡大 地図を拡大

 東京モノレール(東京都港区)は10月1日より、羽田空港ターミナルと東京都心・浜松町を結ぶ同社線の全ての駅と車両でWi-Fiによる無料インターネット接続を提供する。

 サービス名称は「TOKYO MONORAIL Free Wi-Fi」で、同鉄道の旅客は誰でもスマホ・情報端末・PCなどでSSID「00_Monorail_Free_Wi-Fi」に接続し、メールアドレスまたはSNSアカウントの入力による認証で自由に利用できる。指定アプリのインストールやパスワードの入力の必要はない。1回の利用時間は1時間で、利用回数制限はない。同路線は全線の所要時間が約19分~24分のため、羽田空港とのアクセス時には乗車時間を通してインターネットが利用可能になる。通信事業者はワイヤ・アンド・ワイヤレス(中央区)。

 同サービスは羽田空港を利用する訪日外国人の増加を受け、多様な旅客に向けた空港アクセス鉄道の利便性の向上を図るもの。接続画面も日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、タイ語の多言語に対応するほか、利用可能エリアには、政府が進める無料公衆無線LANスポット「Japan. Free Wi-Fi」の共通シンボルマークを掲出する。

 同社によると全駅・全車両同時に、全ての利用者を対象とした無料公衆無線LANの整備が完了するのは、国内の鉄道事業者では初めてという。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング