みん経トピックス

成田空港に大手家電量販店香港空港で即席麺体験

中部国際空港ホテルに新棟建設 空港機能拡充に対応

中部国際空港ホテルに新棟建設 空港機能拡充に対応

セントレアホテルの新棟(右)の完成予想図

写真を拡大 地図を拡大

 セントレア(中部国際空港=愛知県常滑市)空港島内の都市型総合ホテル「セントレアホテル」に新棟が建設される。

 空港を運営する中部国際空港(同)とホテルの営業者の名古屋鉄道グループ(名古屋市)が11月、拡張計画を発表した。空港ターミナルに直結して交通機関などが集約されている「アクセスプラザ」に隣接する既存のホテル棟を南側に拡張するかたちで、現在、緑地帯となっている区画に大規模な新棟を建設する。客室は新たに150室を設ける予定で、現在の221室からキャパシティーが大幅に増加する。

 セントレアでは内外のLCCの新規就航にも連動して訪日旅客が増加傾向にある。併せて、空港島には愛知県の大規模展示場や新ターミナルビルなどの施設整備が今後進められるなど、空港機能の拡充が予定されている。セントレアホテルの新棟建設は、これらの開発計画を背景に、今後急増が期待される空港島内の宿泊需要に応えるもの。

 開業時期は2018年秋を予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング