みん経トピックス

成田業務車両に燃料電池車成田空港にロボットスーツ

羽田空港が2年連続で定時運航率世界トップに 英OAG調査

羽田空港が2年連続で定時運航率世界トップに 英OAG調査

羽田空港第2ターミナル出発階

写真を拡大 地図を拡大

 羽田空港(東京国際空港、東京都大田区)の旅客ターミナルを管理・運営する日本空港ビルデングと東京国際空港ターミナルは1月20日、同空港が定時運航順守率ランキング調査において2年連続で世界1位になったと発表した。

 英航空情報会社OAGが実施する「OAG Punctuality League 2016」の「大規模空港部門」で、同空港の国内線・国際線の航空便の定時運航実績が87.49%で、ランキングトップになった。

 調査は2016年の全世界の空港あるいは航空会社の定期便運航データから、定刻より15分以内の遅れを「定時運航」と定義し、空港別の「定時運航順守率」を集計したもの。対象カテゴリーの「大規模空港(Major Category)」は定期便の年間提供座席数が2000万座席以上の空港。

 同ランキングでは2位にサンパウロ・グアルーリョス空港(ブラジル、85.28%)、3位にデトロイト空港(米国、84.64%)がつけた。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング