みん経トピックス

スカイマーク仙台神戸再開へエアアジア4度目の就航延期

羽田・成田免税店に着物ボトルカバー付き日本酒 東京の地酒「金婚 純米吟醸 和想」

羽田・成田免税店に着物ボトルカバー付き日本酒 東京の地酒「金婚 純米吟醸 和想」

限定綿製商品「金婚 純米吟醸 和想」

写真を拡大 地図を拡大

 羽田空港(東京国際空港、東京都大田区)と成田国際空港(千葉県成田市)の免税店で1月20日、手作りの着物のボトルカバーが付いたオリジナル日本酒の限定販売が始まった。

 商品は「金婚 純米吟醸 和想」で、500ミリリットルボトルと京都西陣織の製法による手作りのボトルカバーを専用のカートンボックスに収める。羽田空港国内線ターミナルを管理運営する日本空港ビルデング(大田区)、豊島屋本店(千代田区)、マイアックス(新宿区)が外国人旅行者向けの新免税品として共同開発。アルコール分15度以上16度未満、日本酒度+1の純米吟醸酒で、華やかな香りとすっきりとした飲み口が特徴になっている。ボトルカバーは日本の「雅(みやび)」を表現し、酒を飲み終わった後にもボトルにかぶせて飾るなどして楽しめる。

 価格は7,000円。販売場所は羽田空港国際線旅客ターミナルの免税店「TIAT DUTY FREE SHOP CENTRAL」と、成田国際空港の「JAPAN DUTY FREE 本館店」など4店。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング