みん経トピックス

TWAターミナルがホテルに成田空港に自動手荷物預け機

人型ロボット「Pepper」が自走で空港案内 ANAが宮崎空港で実地検証

人型ロボット「Pepper」が自走で空港案内 ANAが宮崎空港で実地検証

ヘッドマウントディスプレー「ホロレンズ」 を装着して自走する「Pepper(ペッパー)」

写真を拡大 地図を拡大

 ANAは宮崎ブーゲンビリア空港(宮崎空港、宮崎県宮崎市)で2月15日より、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」の自走による空港案内のトライアル運用を始めた。

 新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL、東京都中央区)と共に行う実地検証。ANAはこれまで、独自開発のアプリを組み込んだ静止した状態のPepperを使って、羽田、成田、福岡空港内の施設を音声や画像で案内するトライアルを行ってきた。今回、NSSOLが新たに開発した空港内の位置情報をベースにPepperを移動させる仕組みを応用し、自走による空港案内を実現する。

 高精度な空間把握および位置推定には、現実世界に光の3D仮想物体であるホログラムを重ねるように表示することで複合現実(MR: Mixed Reality)を実現するマイクロソフト社製のヘッドマウントディスプレー「ホロレンズ」を使用する。

 自走するPepperの登場で、時間によって案内を実施する場所を変更することが可能になるほか、将来的には自走しながらの空港利用者への案内にも対応できるようになるという。「より旅客係員に近い業務が可能となることが期待されている」とANA広報担当者。

 検証場所は同空港出発ロビー。2月28日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング