みん経トピックス

空港案内に自走Pepper空港アクセスにシャトルバン

成田空港に自動手荷物チェックイン機 国際線で日本初、待ち時間短縮へ

成田空港に自動手荷物チェックイン機 国際線で日本初、待ち時間短縮へ

自動チェックイン機導入後の成田国際空港第1旅客ターミナル北ウイング Dカウンターのイメージ

写真を拡大 地図を拡大

 成田国際空港(千葉県成田市)は3月30日、自動手荷物チェックイン機を導入する。

 同空港が進める航空旅客の各種手続きの自動化策の一環。従来、航空会社のスタッフがカウンターで預かっていた手荷物を、旅客自身が自動手荷物チェクイン機を操作して預け入れ手続きを完了できるようになり、手続き時間・待ち時間を短縮する「ファストトラベル」の実現が期待される。

標準的な手順は、旅客が自動手荷物チェックイン機に預け手荷物を入れると手荷物の重量が計測される。続いてバーコードリーダーに搭乗券を読み込ませると手荷物タグが出力され、旅客自身で同タグを預け手荷物に取り付ける。ドアが閉まり手荷物が搬送されると、預け手荷物の控えチケットが出力されるというもの。

 導入は第1旅客ターミナル北ウイング4階出発ロビーのDカウンターに4台。エールフランス航空、KLMオランダ航空、大韓航空、アリタリア-イタリア航空のフライトに搭乗する旅客が利用できる(アリタリア-イタリア航空の参加開始日は調整中)。

 自動手荷物チェックインの国際線フライトへの導入は、今回が日本で初めて。当初4カ月間は試行導入期間で、その後本格導入を予定する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング