みん経トピックス

空港アクセスにシャトルバン羽田美術館で五輪レガシー展

茨城空港~東京駅に「納豆バス」 スカイマーク、関東鉄道、納豆組合の共同企画

茨城空港~東京駅に「納豆バス」 スカイマーク、関東鉄道、納豆組合の共同企画

「納豆バス」車両デザインの全体イメージ

写真を拡大 地図を拡大

 スカイマーク(東京都大田区)は3月4日、茨城空港(茨城県小美玉市)と東京駅(千代田区)を結ぶ「ワンコインバス」の車両全体に茨城県の名産品・納豆のラッピングを施した「納豆バス」の運行を始める。

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ

 同空港に就航する唯一の国内航空会社であるスカイマークが、茨城県の魅力をより多くの人に知ってもらおうと、バスを運行する関東鉄道(土浦市)と茨城県納豆商工業協同組合(同)と共同で企画した。

 運行開始に合わせて「納豆バス」をPRするオリジナルキャラクターの「ねばタロー」「ねばジロー」を設定。車内でもヘッドレストカバーなどに納豆に関する豆知識などを印刷し、24ページの「納豆バス」のオリジナル車内誌を搭載するほか、利用者に乗車記念品「ねばくまさんネームタグ」を配布する(なくなり次第終了)。

 運行は1日1往復程度で、初便は3月4日、茨城空港10時30分発・東京駅13時着の上り便。以降のスケジュールは要問い合わせ(関東鉄道水戸営業所、TEL 029-247-5111)。片道運賃は航空便利用者=500円、利用者以外=1,200円。事前予約制だが、当日空席があれば予約がなくても乗車可。

 スカイマークは茨城空港と札幌(新千歳)、神戸、福岡、那覇(神戸経由)を結ぶ国内路線を運航している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング