みん経トピックス

みん空1位は中部のCS評価あえて小空港に飛ぶツアー

スターフライヤー、北九州空港へ本社移転-業務効率化目指し今秋に

スターフライヤー、北九州空港へ本社移転-業務効率化目指し今秋に

スターフライヤーの機体に描かれている「City of Kitakyushu」の文字 画像=©スターフライヤー

写真を拡大 地図を拡大

 スターフライヤー(福岡県北九州市)は同市中心部にある本社を今秋、北九州空港(同)内に移転する。

 同社の本社機能についてはかねてより2011年に同空港内への移転計画が伝えられていたが、予定を早めて今年秋に実施することを決めたもの。具体的な移転日・レイアウトなどの詳細は今後調整を進めるが、現行の旅客ターミナルビルを管理・運営する北九州空港ビルが空港内隣接地に社屋を建設し、スターフライヤーが賃貸オフィスとして借り受ける方法にする予定だという。同社広報担当者は「本社部門を空港に移転し、会社の情報・決裁を迅速に執り行えるよう(会社組織と機能を)まとめることにした」とコメントし、全社的な業務の効率化を期待する。

 国内航空会社ではスカイマーク(東京都大田区)が2008年、業務効率化と経費削減に向けて本社を都心部から羽田空港内にある航空機の格納庫を備えるビルに移転し、本社機能と運航・運送・整備など空港管理部門の集約化を図っている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

鹿児島空港でターミナルビル写真らが「打ち水大作戦」を実施した
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング