みん経トピックス

羽田管制官テーマの新ドラマトランスアジア

巨大デジタルサイネージで「学生CGコンテスト」作品上映-成田空港

巨大デジタルサイネージで「学生CGコンテスト」作品上映-成田空港

上映作品の一つ「やさしいマーチ」(植草航さん作)

写真を拡大 地図を拡大

 成田国際空港で9月7日より、「学生CGコンテスト」の映像作品を最新のデジタルサイネージ「SKY GATE VISION」の385型相当の凹型曲面構造スクリーンを持つパノラマビジョンで上映する。

 今月にスタートした日本の若者の感性を発信するアートプロジェクト「DEPARTURE Project(デパーチャープロジェクト)」の第1弾。同プロジェクトは空港の出発ターミナルを舞台に、アートからエンターテインメントまで幅広いジャンルの若手作家の作品を積極的に発表することで日本文化の息吹や可能性を伝える試み。「文化庁メディア芸術祭」の運営や「学生OGコンテスト」を主催するCG-ARTS協会が企画制作を担当する。

 デジタルサイネージの設置場所は第1ターミナル南ウイング4階出発ロビーGゾーン付近。上映時間は12時~18時の毎時0分から各回30分程度。コンテンツ上映は同協会が運営する世界の新しいクリエーティビティーを紹介するサイト「DEPARTURE」とも連携を図る予定だという。

 今月13日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング