みん経トピックス

1円航空券羽田にPBスイーツ第3弾

バンコク・ドンムアン空港「再開港」-格安航空14社の運航拠点に

バンコク・ドンムアン空港「再開港」-格安航空14社の運航拠点に

ドンムアン国際空港の施設内

写真を拡大 地図を拡大

 タイ・ドンムアン空港は10月1日、格安航空会社14社が運航拠点として乗り入れるバンコク第2の国際空港としてサービスを再スタートした。

 タイ空港会社(AOT)によると、今回の計画はスワンナプーム国際空港の混雑緩和のために進めていたもので、再整備の費用は16億バーツ(約42億円)。これまで就航していたノックエア、ソーラーエア、オリエントタイ航空、チャーター便に加え、タイ・エアアジア、インドネシア・エアアジアなどがスワンナプーム空港から拠点を移し、空港コードも「BKK」から「DMK」に変わった。

 インフラ面では洪水対策のための防護壁や100機以上の駐機場を備えるほか、倉庫スペースを増床して年間20万トン以上を収容できる体制に。セキュリティー対策もスワンナプームと同レベルに引き上げたほか、入管職員も400人に増員しサービスの質を向上させた。同社はこれにより旅客処理能力は年間3600万人増加するとしている。

 ドンムアン国際空港広報担当のパンニパーさんは「ドンムアンは国内線がメーンだったが本格的な国際化で輸送力も増強する。10月1日以降はスワンナプームもピーク時の混雑が軽減される」とコメントした。(取材協力=バンコク経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング