みん経トピックス

ふらっとJAL ANAが初日の出便

福岡空港に「丸福食堂」-カジュアル和食に外国人も注目

福岡空港に「丸福食堂」-カジュアル和食に外国人も注目

福岡空港にオープンした「Japanese National Dishes 丸福食堂」のイメージ

写真を拡大 地図を拡大

 福岡空港(福岡県福岡市)国際線ターミナルビルに10月25日、カジュアル和食の飲食店「Japanese National Dishes 丸福食堂」(TEL 092-477-7807)がオープンし、外国人旅客らの注目を集めている。

 日本に到着する国際線旅客に日本の味を気軽に味わってもらおうと、福岡空港ビルディングが同ビル1 階到着ロビー初の飲食店として運営。うどん、ラーメン、カレー、丼物など、カジュアルな日本食メニューを中心に、ドリンク、ホットサンド、デザートなどのカフェメニューなどをセルフ形式で提供する。主なメニューは「牛丼」(500円)、「とんこつラーメン」(550円)、「えび天うどん」(580円)。

 店名の「丸福食堂」は同社オリジナルのブランディング。アジア各国の旅客が多いことからも「広く理解され縁起のいい」漢字にした。「日本を代表する料理」を意味する英語も併記する。同社営業部担当者によると、オープン以来、到着旅客の注目を集めており、すでに外国人の利用も多いという。「帰国後日本食が恋しいとき、また気軽に日本食を楽しみたい海外の旅客に気軽に楽しんでもらえれば」

 営業時間は7時~21時30分

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング