みん経トピックス

LCCサイトフレーム切手

羽田空港プラネタリウムに新プログラム-12星座モチーフにオリジナル音楽

羽田空港プラネタリウムに新プログラム-12星座モチーフにオリジナル音楽

Starry Cafeの新プログラムの映像イメージ

写真を拡大 地図を拡大

 羽田空港羽田空港国際線旅客ターミナル5階のプラネタリウム「Starry Cafe」(東京都大田区、TEL 03-6428-0694)が12月15日、上映プログラムを刷新した。

 夜空の星やさまざまな映像がプラネタリウムの全天に映し出される中で、カフェ・ランチ・バータイムを楽しめる全50席の同施設。2010年10月に国内空港内では初めてオープンして以来、「ドーム映像ならではの圧倒的な没入感と臨場感を楽しめる」と内外の空港利用者の話題を集めている。

 新プログラムは「星灯りのコンサート -星座が奏でる夜空-」で、季節ごとに夜空に浮かぶ12星座を紹介するとともにそれぞれをイメージするオリジナルの音楽と映像を映し出す。監督はCMや全天周デジタルシアターの映像演出などを手掛ける西郡勲(にしごおりいさお)さんが、音楽はギターとおもちゃを軸に作曲・演奏・録音まで全て一人で作り上げる音楽家・トクマルシューゴさんが、それぞれ務める。

 開始時刻は、11時42分・13時42分・14時42分・15時42分・16時42分・17時42分・19時10分・21時10分。上映時間は各回10分。そのほかの時間は別のオリジナルプログラムを上映する。

 入場料は大人(中学生以上)=500円、子ども(2歳以上)=300円。カフェの営業時間は8時~23時。(取材協力=東京ベイ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング