みん経トピックス

航空講座Peach to SDJ

新千歳空港にアイヌ語歓迎あいさつ-「雪まつり」期間中心にアイヌ文化紹介

新千歳空港にアイヌ語歓迎あいさつ-「雪まつり」期間中心にアイヌ文化紹介

新千歳空港に掲出されるアイヌ語の歓迎挨拶あいさつのフラッグのデザイン

写真を拡大 地図を拡大

 新千歳空港(北海道千歳市)旅客ターミナルビルに1月19日より、アイヌ語の歓迎挨拶あいさつのフラッグが掲出されている。

 アイヌの伝統等普及啓発に取り組む国土交通省北海道局が、アイヌ文化振興・研究推進機構(北海道札幌市)を設置主体として、同ビル国際線連絡通路にアイヌ語のあいさつを印刷した大型フラッグを掲示するもの。あいさつは「こんにちは」を意味する「イランカラプテ」と、「ありがとう」を意味する「イヤイライケレ」で、アイヌ語のカタカナ・ローマ字・英語・韓国語・中国語表記の組み合わせで全6種類を用意し、多様な空港利用者に向けてアイヌ文化をアピールする。フラッグはいずれもアイヌの伝統的住居「チセ」をモチーフとしたデザインを取り入れている。

 同企画は、2013年度から関係機関らが共同で実施する「イランカラプテ」キャンペーンに先駆けて試行的に実施するもの。キャンペーンでは、アイヌ語のあいさつ「イランカラプテ」の普及を通じて、幅広く内外にアイヌ文化などへの理解を促進する予定。

 掲出期間は「さっぽろ雪まつり」開催期間(2月5日~11日)を含む、2月28日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング