みん経トピックス

北九州と京急kinaoenta

ソラシドに「西米良 カリコボーズ号」就航-九州・沖縄地名表示航空機第2弾

ソラシドに「西米良 カリコボーズ号」就航-九州・沖縄地名表示航空機第2弾

ソラシドエアの特別塗装機「西米良 カリコボーズ号」デザインイメージ

写真を拡大 地図を拡大

 ソラシドエア(宮崎市)は2月16日より、機体を活用した地域振興プロジェクト「空恋 ~空で街と恋をする~」の一環で、特別塗装機「西米良 カリコボーズ号」を就航している。

 同プロジェクトは同社の就航10周年記念事業の一環で、国内線を運航する機体側面に九州・沖縄の地名などを表示し、その地域をPRする企画。1 機体に1自治体名の表記が基本で、期間は1年間。機内などのPR活動は各自治体が独自に実施する。

 第2弾となる航空機に登場する自治体は西米良村(にしめらそん)。県中央部の最西端に位置し村土の96%を山が占める「深山幽谷そのもの」の地。心の清らかな人に姿が見えるとされている同地に伝わる精霊「カリコボーズ」とそのシンボルキャラクター「ホイホイ君」をモチーフに、機体デザインが施されている。同機は同社の国内線全線に就航予定。

 同プロジェクト名の「空恋」は、搭乗者に空の旅を通じて「九州・沖縄の街と出会い『恋』をしてもらいたい」との思いから付けられた。1号機は昨年10月より、宮崎県・綾町の町名などを表示した「綾 ユネスコ・エコパーク」号として運航している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング