みん経トピックス

FDA7機目、イエローに羽田限定「東北復興弁当」

関空トイレにデジタルサイネージ-広告配信サービス「ミトレット」実証実験

関空トイレにデジタルサイネージ-広告配信サービス「ミトレット」実証実験

デジタルサイネージの新媒体が導入される関西国際空港のトイレ個室。写真左側の扉横にLCDモニターが設置されている。

写真を拡大 地図を拡大

 関西国際空港(大阪府泉佐野市)のトイレで4月1日、デジタルサイネージによる広告配信サービスが始まった。

 中外(東京都千代田区)、マッシュ(大阪市)、ハートス(同)の3社による広告事業の新規媒体。同空港内の1階のトイレ8個室(男性3個室・女性5個室)、3階のトイレ24個室(男性10個室・女性14個室)の計32個室の内部に、7インチLCDモニターを設置し、広告映像を配信する。リラックスできる閉鎖空間内の唯一の「メディア」となり、利用者から約60センチの距離のモニターは「説得に適した視認距離で情報伝達に最適」だという。同社は新メディアによる1カ月間のリーチ数を、1万8000人と想定している。

 上映時間は6時~23時。広告は1社あたり15秒間で、2分1ロール(15秒CM枠8枠)のループ編成。放送回数は1社あたり1時間に30回となる。媒体料金は60万円(1社1カ月、税別)。

 新サービスは実証実験として開始し、評価と事業化の可能性を見て、来年度に対象個室を拡大する予定。

 空港ターミナルのトイレでのデジタルサイネージによる広告配信サービスは2008年より、羽田空港などでの導入例がある。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング