みん経トピックス

羽田でアフリカシンポ羽田空港で高知の食PR

福岡空港ビアガーデン「BEER AIR」-展望デッキで航空機間近に

福岡空港ビアガーデン「BEER AIR」-展望デッキで航空機間近に

期間限定店舗「BEER AIR(ビアエア) 2013」の告知ポスターデザイン(一部) 画像:福岡空港ビルディング

写真を拡大 地図を拡大

 福岡空港(福岡県福岡市)第2ターミナルビル4階送迎デッキに5月14日、「BEER AIR(ビアエア) 2013」がオープンした。

 開放的なオープンエアの展望デッキに230席を用意し、利用客は航空機を間近に見ながらビールや料理を楽しめる。2010年に「ビアテラス」としてスタートした夏季のオリジナル企画で、昨年より「BEER AIR」の名称を追加。広告ポスターにも架空の航空会社「BEER AIR」のビジュアルを使い、「空港のビアレストラン」をPRする。

 提供するのは最大2時間半の飲み放題とビュッフェスタイルの料理で、フリードリンクにはビール・焼酎・ワイン・ソフトドリンクなどが含まれる(プレミアム焼酎・スパークリングワイン・デコレーションケーキなどは別料金)。ビュッフェ料理は約25種類で、同空港内のレストランが提供する。料金は、大人=3,950円・中高生=2,000円・小学生以下=1,000円、3歳未満無料。

 期間中、店内で「BEER AIR」のオリジナルグッズを販売するほか、小学生以下の来店客にはステッカーを贈る。

 営業時間は18時30分~21時。荒天中止。完全予約制で、予約は専用電話(TEL 092-623-0555)で受け付ける(10時~21時)。10月5日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング