みん経トピックス

peachスタフラ

ソラシドに「元気ファクトリー錦江町号」就航-九州・沖縄地名表示航空機第3弾

ソラシドに「元気ファクトリー錦江町号」就航-九州・沖縄地名表示航空機第3弾

ソラシドエアの特別塗装機「元気ファクトリー錦江町号」のデザインイメージ

写真を拡大 地図を拡大

 ソラシドエア(宮崎市)は7月1日、機体を活用した地域振興プロジェクト「空恋 ~空で街と恋をする~」の一環で特別塗装機「元気ファクトリー錦江町号」の運航を始めた。

 同プロジェクトは同社の2012年の就航10周年記念事業の一環で、国内線を運航する機体側面に九州・沖縄の地名などを表示し、その地域をPRする企画。1 機体に1自治体名の表記が基本で、期間は1年間。機内などのPR活動は各自治体が独自に実施し、地域振興につなげていく。

 第3弾となる航空機に登場する自治体は鹿児島県肝属郡錦江町(きもつきぐんきんこうちょう)。大隅半島西部に位置する同町。清らかな水と空気、肥沃(ひよく)な土地など豊かな自然を誇り、茶やみずみずしい野菜などの農産物が育てられる日本有数の農業地域だ。機体には同町のシンボルキャラクターの「でんしろう」と妹分の「クワガタガールズ」、(合併前の)旧大根占町のキャラクター「DE・CORN」がモチーフとして描かれる。同機は同社の国内線全線に就航予定。

 同プロジェクト名の「空恋」は、搭乗者に空の旅を通じて「九州・沖縄の街と出合い『恋』をしてもらいたい」との思いから付けられた。1号機は昨年10月より宮崎県綾町の町名などを表示した「綾 ユネスコ・エコパーク」号として、2号機は3月より宮崎県西米良村の「西米良カリコボーズ号」として運航。このほかにも「特別号」として、「神話のふるさと みやざき号」と熊本県の「くまモンGO!」が就航している。

 各機の運航スケジュールは同社のウェブサイトで公開されている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング