みん経トピックス

茨城空港Peach

新LCCブランド「バニラ・エア」、ネットで名前に賛否-新事業に期待も

新LCCブランド「バニラ・エア」、ネットで名前に賛否-新事業に期待も

バニラ・エアのロゴ

写真を拡大 地図を拡大

 ANAホールディングスが8月20日に発表した新LCCブランド「バニラ・エア」について、インターネットではそのネーミングに評価が分かれている。

 新会社は、ANAホールディングスのエアアジアとの提携解消に伴って11月に再ブランドされる「エアアジア・ジャパン」の後継LCC。新たなブランド名「バニラ・エア」は、「『バニラ』は誰もが知っていて身近でありながらも、高い品質が保たれていて多くの人に親しまれている」(同社)として付けられた。

 新ブランドの発表を受けて、インターネット上の投稿サイトなどでは一般のユーザーから多くのコメントが交わされている。「センスが良い」「おいしそう」「(同社系列のLCC)『Peach』に続く『食べ物』の名前で面白い」という肯定的なメッセージが多く目に付く一方で、「コンセプトが伝わらない」「(経営はネーミングのように)甘さだけではいけない」「ベトベトしている印象」といった否定的な意見も少なくない。現時点での全体的な評価は賛否、ほぼ半々に分かれているようだ。同時に、「独自のサービスと路線の展開を進めてほしい」など、国内LCCの再生に期待するコメントも多く寄せられている。

 新会社は現在のエアアジア・ジャパンと同じく成田国際空港を拠点に、11月以降当面は2機のエアバスA320 で国内路線に就航。将来的には国内外のリゾート路線に特化した路線展開を行う計画だという。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング