みん経トピックス

ヤサカタクシーFDA

JAL機内食に「空飛ぶ牛丼」再び-「AIRシリーズ」第10弾

JAL機内食に「空飛ぶ牛丼」再び-「AIRシリーズ」第10弾

「AIR吉野家」

写真を拡大 地図を拡大

 JAL国際線機内食に9月1日、牛丼チェーン「吉野家」の牛丼が登場した。

 同社と吉野家(北区)共同開発した「AIR吉野家」。2012年3月に提供した同シリーズ第3弾の「空飛ぶ牛丼」を改良し、牛肉の軟らかさとうまみ味を追求。店舗と同じ味を高度約1万2000メートルの機内で再現した。「牛肉だけでなく、ご飯・玉ネギ・たれ・紅しょうがまで『全て牛丼に一番』と思えるものだけを厳選し凝縮した」という。

 乾燥した機内でできたての牛丼を再現するため「つゆだく(つゆ多め)」に仕立て、専用の特製牛丼ボックスも用意する。米と牛丼の具を特製ボックスの中に分けてセットしたことで、地上と同じように、そのまま「牛皿」としても、具材を米にのせて「牛丼」としても楽しめる。

 対象路線とクラスは、成田発ロサンゼルス・サンディエゴ・シカゴ・ボストン・ニューヨーク・ロンドン・フランクフルト・パリ・ヘルシンキのプレミアムエコノミーとエコノミークラス。

 同社の機内食の「AIRシリーズ」は地上の人気商品を機内食向けにアレンジして期間限定で提供するもので、吉野家の「AIR牛丼」は2回目の登場。11月30日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング