みん経トピックス

羽田~フィリピン線運航へ羽田クリニックに感謝状

香港エクスプレス航空、羽田・関西路線就航へ

香港エクスプレス航空、羽田・関西路線就航へ

羽田空港と関西国際空港への新路線を開設する香港エクスプレス航空

写真を拡大 地図を拡大

 香港国際空港を拠点とする唯一のLCC「香港エクスプレス航空」は9月12日、10月より羽田空港と関西国際空港を含む7路線に新規就航すると発表した。

 同社は、これまで沖縄やバリなどのリゾート路線を除いて、主に中国のビジネス路線を確保してきたが、今回の新路線展開では香港人に人気のある都市を中心に、東京(羽田)、大阪(関西)、プーケット、チェンマイ、台中、コタキナバル、昆明に就航する。

 同社は「LCCは搭乗率の維持が重要」とし、今後、近距離・中距離路線を中心に他のアジア地域にも路線を拡大する計画。競合社とは違い、航空券の販売もウェブサイトのみではなく、旅行代理店でも取り扱いがある格安航空会社であることを強調した。

 香港エクスプレスのケイリッド・ラザク(Kalid RAZACK)CEOは、「路線を増加することで2014年末までに今までの1.5倍の収益を上げたいが、今回経験が少ないレジャー・リゾート路線へ本格的に挑戦するので、見込みについてはまだ分からない」とコメント。従来路線で利益を確実なものとするための中国国内のプロモーションも強化しながら、新路線でも高い搭乗率を維持していきたいと意欲を語った。

 日本線の料金は香港-羽田は片道758香港ドル(同=約9,770円)。香港-大阪は片道718香港ドル(同=約9,250円)。燃油サーチャージ代のみ別途必要。

 深夜・早朝の離発着が可能な香港国際空港の利点を生かしたフライトスケジュールになっており、香港-羽田路線は香港を19時05分に出発し、翌1時30分に到着。羽田を深夜1時30分に出発し、明け方5時45分に香港に到着する。大阪は香港を9時30分に出発し、13時55分に到着。戻りは関西国際空港を14時50分に出発し、18時15分に香港に到着する。

 羽田線は11月7日、関西線が11月21日、そのほかは10月27日に就航予定。(取材協力=香港経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング