みん経トピックス

まりこ様搭乗便第2弾エチオピアが成田就航可能に

ANA空港ラウンジに全都道府県の「日本の酒」-地域活性・訪日旅客拡大狙う

ANA空港ラウンジに全都道府県の「日本の酒」-地域活性・訪日旅客拡大狙う

ANA成田空港国際線ラウンジ

写真を拡大 地図を拡大

 ANAは羽田・成田・関西の空港ラウンジで12月1日より、47都道府県で生産される日本酒・本格焼酎・泡盛などの「國酒(こくしゅ)」を順次PRする企画を実施している。

 日本酒造組合中央会(港区)と提携し、同会の「ニッポンを飲もう!『日本の酒キャンペーン』」に連動して同社の旅客に直接日本の酒をPR。日本の魅力を発信することで、国内の地域活性と訪日旅客の需要拡大を狙う。

 ラウンジ内には実際に「國酒」を楽しめる特設コーナーを設置し、全国の日本酒・本格焼酎・泡盛などを提供。「國酒」の魅力を伝えるために特別制作した画像を映すモニター画面も設置する。

 提供する酒の種類と銘柄は3カ月ごとに1都道府県の「國酒」を特集し、4年3カ月をかけて全47都道府県全ての産品を紹介する。12月~2014年2月末までに特集する都道府県は、羽田空港国内線=岐阜県、同国際線=兵庫県、成田空港国際線=北海道、関西空港国際線=兵庫県。

 航空会社の空港ラウンジでの展開について本酒造組合中央会の篠原成行会長は「世界のお客さまに日本の國酒をゆっくりと味わい、楽しんでいただく機会をつくっていただき大変に感謝している」とコメントしている。

 対象ラウンジは、羽田空港=国内線本館南側ラウンジ・国際線ラウンジ、成田空港=国際線第4サテライトラウンジ、関西空港=国際線ラウンジ。(取材協力=東京ベイ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング