みん経トピックス

ターンテーブルにむすび丸ラウンジに2千超の電子新聞

羽田空港に「スペインクラブ」-オープンスペースに本場の「バル」

羽田空港に「スペインクラブ」-オープンスペースに本場の「バル」

「スペインクラブ羽田」の店舗完成予想図

写真を拡大 地図を拡大

 羽田空港第2ターミナル(東京都大田区)に6月5日、カジュアルスタイルのスペインバル「スペインクラブ羽田」がオープンする。

 同ターミナル3階デッキに展開。店舗面積約18坪で、カウンター12席・テーブル8席と店内は小規模ながら、店の前のオープンスペースでも気軽にスペイン直輸入のワインやビール、生ハムなどを楽しめる。

 主なメニューはスペイン産のパンのオープンサンド「ボガディージョ」、ムール貝などの魚介類の「パエリヤ」、イベリコ豚の肩ロースの「イベリコ・ステーキ」、イベリコ豚のうま味を含んだルーを使う「イベリコカレー」のほか、生ハム、トルティージャ(スペインオムレツ)、スペイン産のチーズ・サラミ・チョリソーなど伝統のタパス料理など。グラスワイン、スパークリングのカヴァ、ビール、シェリー、サングリアなども提供する。

 同店は、スペイン専門企業「スペインクラブグループ」の「スペインクラブ」(中央区)の直営。同社はすでに中央区月島や銀座などに同様のスペインバル計6店舗を展開している。

 営業時間は6時~22を予定。(取材協力=東京ベイ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング