みん経トピックス

羽田国際線にモスカフェ鹿児島空港で打ち水

関空・伊丹でカーシェアリングサービス-初の空港乗り捨ても

関空・伊丹でカーシェアリングサービス-初の空港乗り捨ても

駐車場内に設置されたカーシェアリングサービスの「ステーション」(空港内施設ではありません)

写真を拡大 地図を拡大

 関西国際空港(大阪府泉佐野市)と大阪国際空港(伊丹空港、大阪府豊中市)で8月、「カーシェアリング」と空港での「乗り捨て」を可能にした新サービスの提供が始まった。

 タイムズ24(東京都千代田区)が提供する会員向けの乗用車の時間貸しサービス「タイムカープラス」を両空港ターミナルで展開するもの。同サービスは従来のレンタカーと比べて、最短15分からの短時間での利用が可能であることや、市街地の駐車場などに車両を準備する「ステーション」を設置し利便性を高めていることが特徴。

 関西国際空港では第1ターミナルビルとエアロプラザビルをつなぐ連絡橋下の駐車場に車両を配置。これまで駐車場内で池田市・ダイハツ工業と共同で出店していた大阪国際空港では、新たにタイムズ24単独でのサービスを始めた。15分間の料金は、ベーシック車両=206円・プレミアム車両=412円。別途、会員カード発行料=1,550円、月額基本料金=無料(法人・学生プラン)・1,030円(個人プラン、1,030円の無料利用分を含む)が必要。予約はオンラインで受け付ける。

 新サービス開始に合わせて、国内では初めての空港での「乗り捨て」サービスも可能にした。貸出場所とは別のステーションに車両を返却できるもので、対象は、貸し出し=関西国際空港・返却=大阪国際空港と、貸し出し=大阪国際空港・返却=関西国際空港の2区間となる。航空便に搭乗するビジネスマンなどの利用を想定しているという。

 同社は同サービスの観光や出張時の利便性を高めようと、交通拠点への出店を強化しており、すでに新幹線停車駅の約3割に展開しているという。国内の空港エリアへでは、関西の2空港以外では福岡空港(福岡県)に出店している。利用者の要望を受けるかたちで、今後も空港施設への展開を検討していく考え。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング