みん経トピックス

鹿児島空港で打ち水羽田スイーツセレクト店刷新

羽田国際線ターミナルに総ヒノキ造りの巨大「日本橋」-増築部で「江戸」演出

羽田国際線ターミナルに総ヒノキ造りの巨大「日本橋」-増築部で「江戸」演出

羽田空港国際線旅客ターミナルに総ヒノキ造りの「はねだ日本橋」がお目見えした。

写真を拡大 地図を拡大

 羽田空港国際線旅客ターミナルビル(東京都大田区)の商業ゾーンに8月28日、江戸の日本橋を再現する巨大な木造「はねだ日本橋」が登場した。

羽田空港国際線旅客ターミナルに登場した「はねだ日本橋」の全景(東京ベイ経済新聞)

 同空港国際線の運用規模拡大に合わせたターミナルビルの施設拡充の一環。全長25メートル・幅4メートルの橋は、江戸時代初期の実際の日本橋の約半分大きさで、計約35トンの奈良県の「吉野ヒノキ」を使った総ヒノキ造り。新しく完成した同ビル増築部の4階と既存の本館5階の商業ゾーンを結び、一般の空港利用者が自由に通行できる。

 環境のトータルデザインは既に供用されている同ターミナルの「江戸小路」などの和風の演出コンセプトを継承するもので、橋の壁面の壁面には「江戸図屏風」(国立歴史民族博物館所蔵)に描かれたモチーフの一部を陶板に焼いて装飾する。「空の旅の玄関口の空港で全国里程の原点『日本橋』を渡ることで、これまでとは違った旅の始まりを感じてもらいたい」と同ビルを管理する東京国際空港ターミナル(TIAT)広報担当者。

 同増築部では同時に、多目的ホール「TIAT SKY HALL」、フライトシミュレーターなども設置する連絡通路「TIAT Sky Road」、「山車」を設置するイベントスペース「お祭り広場」などのほか、飲食店・販売店などもオープンした。

 同増築部には9月、さらにカフェレストランやファストフード店が営業を始めるほか、国際線乗り継ぎ旅客が入国せずに利用できる「トランジット機能」を国内空港で初めて備える宿泊施設「ロイヤルパークホテル ザ 羽田」が開業を予定する。(取材協力=東京ベイ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング