みん経トピックス

羽田・定額制タクシー拡大羽田にキャセイがラウンジ

成田空港新LCCターミナルに「空港の家具」-無印良品がデザイン・制作

成田空港新LCCターミナルに「空港の家具」-無印良品がデザイン・制作

成田空港第3旅客ターミナルに設置された無印良品ブランドのソファベンチのイメージ

写真を拡大 地図を拡大

 成田国際空港(千葉県成田市)に来春オープン予定の第3旅客ターミナルに、無印良品がデザイン・制作するオリジナルの「空港の家具」が大規模に設置される。同ブランドを企画・開発する良品計画(豊島区)が11月27日、発表した。

成田国際空港第3旅客ターミナル外観イメージ

 LCC(格安航空会社)専用となる同新ターミナル。導入する家具もLCCのシンプルで高効率な利用コンセプトを意識した仕様になる。ゲートラウンジには2種類、1400席分のソファベンチを設置。ゆったりと座るだけでなく閑散時には寝転ぶことも想定し、肘掛けを無くして座面を広く確保するほか、全体をクッション材に覆って適度な柔らかさも出す。成田と国内外の空港をつなぐ玄関口として、くつろぎやすい空間を演出するという。

 同ターミナルに導入される国内空港最大規模のフードコートには、オークムク材の3種類のテーブルとチェアを400席分以上用意。シンプルで統一感のあるデザイで、多様な空港利用者に対応する。

 同社では「ものづくり」に際し、実際に使われる場面を観察し、解決すべき点を探す作業を行っているという。新ターミナル向けの「空港の家具」のデザインと制作でも、実際の空港で家具類がどのような使われ方をしているかを観察。効率を最優先に考えるLCCによる空の旅の合間に利用者が無意識に取る行為を考慮するなど、独自の工夫を施したという。

 空港などの公共性の高い場所へ無印良品オリジナル設計の家具を大規模に設置するのは今回が初の試み。

 同空港第3旅客ターミナルは2015年4月8日、供用開始を予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング