みん経トピックス

成田に「空港の家具」設置羽田深夜に香港ドラゴン航空

羽田空港にキャセイパシフィック・ラウンジ-羽田初の海外航空会社ラウンジ

羽田空港にキャセイパシフィック・ラウンジ-羽田初の海外航空会社ラウンジ

羽田空港の新キャセイパシフィック・ラウンジのエントランス

写真を拡大 地図を拡大

 羽田空港国際線ターミナルに12月9日、香港の航空会社キャセイパシフィック航空の「キャセイパシフィック・ラウンジ」がオープンした。

 総床面積は990平方メートル。運航拠点の香港国際空港以外の自社ラウンジとしては最大級の広さを誇り、搭乗前のファーストおよびビジネスクラスの乗客に洗練された快適な空間を提供する。羽田空港に国際線を乗り入れる日系以外の航空会社が自社ラウンジを設けるのは今回が初めて。

 新ラウンジの設計には、ロンドンを拠点に活躍するデザイナー、イルゼ・クロフォードさん率いる「スタジオイルゼ(StudioIlse)」を起用。家のリビングルームでくつろぐかのような雰囲気で、乗客にゆったりと心地良い旅行体験を提供することを念頭においた新ブランドコンセプトが反映されている。

 飲食施設は、「キャセイパシフィック・ラウンジ」名物として親しまれるザ・ヌードル・バーで人気の特製の坦坦麺やワンタン麺などを提供するほか、同ラウンジで初導入したフード・バーや、シグネチャー・カクテルなどを提供するバーを設置。飲食サービスはホテルオークラのグループ会社が担当する。

 ビューローと称するビジネススペースには、2種類のOSを搭載したiMacとプリンターを完備した計4席のワークステーションを配備。無料Wi-Fiも常時接続可能。

 営業時間は7時30分~17時。ファーストクラスとビジネスクラスの利用客を含む上級会員が利用することができる。(取材協力=東京ベイ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング