みん経トピックス

富山空港に白エビのピザPeach、仙台空港拠点化

関西空港にQRコード使う多言語サービス-スマホに15言語の翻訳表示

関西空港にQRコード使う多言語サービス-スマホに15言語の翻訳表示

関西国際空港ターミナルに掲出される「QR Translator」サービス案内

写真を拡大 地図を拡大

 関西国際空港(大阪府泉佐野市)で1月20日、QRコードを使う新しい多言語情報サービスが始まった。

 同空港が導入した「QR Translator」で、空港ターミナル施設内各所に配置した多言語対応の QRコードを空港利用者が読み取ると、スマホなどの携帯情報端末の設定言語(多くの場合利用者の母国語)で施設内の飲食店情報や周辺地域の観光情報を自動表示できる。対応言語は最大15 言語だが、表示するQRコードは一つで済むことから、従来的な多言語の並列表示で必要だった情報掲載スペースの確保や表記文字の縮小化などの問題点が解決できる。

 「QR Translator」のシステムは、PIJIN(千葉県千葉市)が運営する。携帯端末の言語設定を読み取り、自動的に翻訳を表示するだけでなく、専用アプリをインストールする必要がなく、世界で広く普及するさまざまな種類のQRコードリーダーがあればすぐに利用できるのが特徴。翻訳作業はクラウド機能を用い、機械翻訳であれば即時、人による翻訳でも数時間で完了する。文書翻訳が可能なQRコードを簡単に発行する世界で初めてのウェブサービスだという。利用に必要なインターネット接続は、ターミナル内で提供されている無料Wi-Fiを利用できる。

 当初、ターミナルの約100カ所に同QRコードを設置。今後、随時拡大していく。まず、日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・タイ語・ベトナム語・アラビア語・インどネシア語・マレー語の10言語に対応し、提供情報は施設や観光の案内、商品とサービスの説明のほか、コインロッカーやシャワールームなどの無人施設の使用方法の案内などにも活用する。

 同空港を2014年に利用した外国人旅客数は過去最高の630万人(速報値)。運営会社担当者は「『QR Translator』の仕組みは日本で生まれ日本企業が特許を持つサービス。関西国際空港内での利用方法をモデル化して、今後、世界中の空港にもフォーマット輸出の形で導入を働きかける。世界中に導入が広まれば、日本発の世界標準として世界の言語バリアフリー化が実現する」と期待を込める。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング