みん経トピックス

仙台空港に大友克洋さん作品羽田国内観光プロモに8団体

羽田空港内美術館で「参勤交代」の旅展 「ディスカバリーミュージアム」企画展

羽田空港内美術館で「参勤交代」の旅展 「ディスカバリーミュージアム」企画展

参勤交代の道中の風景を描いた「絵入道中記」(えいりどうちゅうき、内山次郎 筆/文化10年(1813)作)

写真を拡大 地図を拡大

 羽田空港国内線第2ターミナル3階の「ディスカバリーミュージアム」(東京都大田区)で現在、企画展「永青文庫コレクション 大名家の旅 参勤交代~いまは飛行機、むかしはお船~」が開催されている。

 幕府によって江戸に隔年で暮らすことを義務づけられた地方の大名が家臣らと共に、領国と江戸と行き来した旅「参勤交代」。同展では肥後熊本と江戸との往復を繰り返した細川家に伝えられる、参勤交代関係の資料を公開。当時の大名らが道のりで見た風景の絵画や、旅に携行した道具などを展示する。

 主な展示作品は、藩主が参勤交代に持参した茶道具・絵画・文房具などの道具類の目録「御参勤御帰国年次(ごさんきんごきこくねんじ)」、江戸から大坂・室津に至る3街道(東海道・甲州街道・中山道)や播磨から熊本に至る陸路・海路を描いた「絵入道中記(えいりどうちゅうき)」、細川家10代斉茲(なりしげ)が参勤交代に持参した香炉「三嶋手獣形香炉(みしまでけものなりこうろ)」など。

 開催期間は、前期=5月17日まで、後期=5月19日~7月5日。5月18日は展示の一部入れ替えのため休館。入場無料。

 同館は国内初の空港内美術館。700年の歴史を持つ細川家の約6000点の美術工芸品と5万点以上の歴史文書を所蔵する「永青文庫」の所蔵品、ラウンジ風の斬新なスタイルで展示する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング