みん経トピックス

機内食にウナギ味ナマズバニラエア参加のLCC連合

アトランタ空港の年間旅客数が1億人超に 2015年調査、羽田は世界5位

アトランタ空港の年間旅客数が1億人超に 2015年調査、羽田は世界5位

アトランタ国際空港コンコースDの空撮(画像:Hartsfield-Jackson Atlanta International Airport)

写真を拡大 地図を拡大

 国際空港評議会(ACI)が4月に発表した2015年の世界の空港旅客数調査(速報)によると、利用客数が最も多かったのはアトランタ国際空港(米・ジョージア州)で、前年より5.5%多い1億149万1106人。単一空港の単年度の旅客数で初めての1億人超を記録した。

 調査は世界1144空港からの報告に基づくもので、2015年は対前年比で全世界の総旅客数が6.1%増え、国際線利用客数は6.3%増加。貨物便を含む民間航空機の飛行回数は1.8%増えた。アトランタ国際空港の年間旅客数が「記録的な」(ACI担当者)1億人超えとなった理由について同調査は、極めて戦略的な地理的条件、巨大な乗り継ぎハブ空港であること、北米に上陸する際に使われる空港であることなどを挙げている。同空港では国際線に加えて米国内の路線網も充実しており、全米の人口の8割が住む地域に2時間以内のフライトで到達できるという。

 年間旅客数で2位は北京国際空港(中国)の8993万8628人(4.4%増)、3位はドバイ国際空港の7801万265人(10.7%増)。国内空港では羽田空港(東京国際空港)が5位で唯一の上位10空港に入り、旅客数は7531万6718人(3.4%増)だった。

 世界の地域別の空港利用者数では、アジアと中東の増加率が高い傾向が続いている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング