みん経トピックス

羽田空港でフィリピンフェア成田ホテルとLCCが提携

ベトナム航空がハッキング被害 空港手続き・フライト情報など混乱

ベトナム航空がハッキング被害 空港手続き・フライト情報など混乱

ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港国際線ターミナル。サイバー攻撃でフライトモニターに表示される情報も混乱した

写真を拡大 地図を拡大

 ベトナム航空(VNA)のITシステムが7月29日、ハッキングによるサイバー攻撃を受け、同社ウェブサイトと運航拠点のハノイとホーチミンの国際空港の運航サービスに影響が出た。

 同社の発表によると、同日16時に同社の公式ウェブサイトがハッキングされ、アクセスが国外の悪意のあるサイトなどに自動転送されるなどの状態になり、同社のマイレージプログラムの会員情報の一部がネット上に公開された。その後17時10分、同サイトは正常の運用状態に回復したが、システムの運航情報の改ざんなどにより首都ハノイのノイバイ国際空港とホーチミン市のタンソンニャット国際空港のフライトモニター表示や搭乗手続きシステムなどがトラブルに見舞われ、週末を迎える空港のピークタイムの旅客と運航サービスが大きく混乱した。航空機運航の安全性への影響は無かったという。

 サイバー攻撃を受け、ベトナム航空は空港保安体制を強化。対象となったシステムとデータは政府などの協力を受け、同日18時までにネットワークから隔離し、専門チームにより復旧作業が進められた。運航と旅客サービスは30日までにほぼ正常に戻っている。

 同社は同サイトでのフライトの予約手続きと支払い情報などには影響が無かったとしているが、マイレージプログラムの個人情報の漏えいについては会員に向け、システムの完全復旧後にパスワードの変更することを呼び掛けている。

 ウェブサイトのハッキングについては中国国内のハッカーグループが攻撃を認めていることが伝えられるほか、複数メディアが、事件の背景にベトナムと中国が対立する南シナ海問題があることを示唆している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング