みん経トピックス

ジャカルタ空港に「T3U」セントレアに免税高級メロン

関西空港で幻想的な「クラゲ」公開 夏祭り企画に京都水族館が移動展示

関西空港で幻想的な「クラゲ」公開 夏祭り企画に京都水族館が移動展示

京都水族館の「クラゲ」展示

写真を拡大 地図を拡大

 関西国際空港(大阪府泉佐野市)で8月27日・28日に開かれるイベント「関空夏まつり」に、京都水族館(京都市)が「クラゲ」などの出張展示を行う。

 同空港と水族館のコラボ企画。空港内の会場に京都水族館の人気コンテンツで幻想的なクラゲの姿を楽しめる移動型水族館「京都水族館クラゲSTUDIO」を展示するほか、飼育スタッフによる「クラゲ教室」や、実際にクラゲに餌を与えて観察ができる体験プログラム「クラゲのゴハン」などを開催。併せて27日には、同水族館で現在、期間限定で公開している「ゾウガメパーク」が出張し、希少な「アルダブラゾウガメ」の実物が姿を現す予定。

 海上空港である関西国際空港の周囲では、藻場の形成などより多様な生物の生息環境を創出する取り組みが行われている。日本初の100%人工海水利用型の水族館の京都水族館とは、同館のコンセプトの「水と共につながる、いのち」や、生物多様性への積極的な配慮において共通点があることから、今回の初のコラボレーションが実現したという。

 一般が対象の「関空夏まつり」は、第1ターミナルに隣接する鉄道駅付近の会場でステージイベントや来訪者参加型の企画を多彩に展開予定。誰でも参加できるが、ワークショップなどの一部の企画には定員がある。「クラゲ」などの企画を含むプログラムの詳細は、同空港のウェブサイトで確認できる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング