みん経トピックス

セントレアにイセタンストアシンガ・セレター空港刷新へ

空港入国審査で全外国人の顔データ照合 法務省がテロリスト上陸阻止

空港入国審査で全外国人の顔データ照合 法務省がテロリスト上陸阻止

国内空港の入国審査手続きに導入される個人識別情報取得機器「バイオカート」(参考画像)

写真を拡大 地図を拡大

 全国の国際空港の入国審査で10月17日より、全ての外国人の顔写真と国際テロリストの顔画像データとの照合が始まった。

 法務省が2020年の東京五輪・パラリンピック開催を念頭に置いたテロ対策の一環として実施するもので、テロリストの国内上陸を水際で防ぐことが目的。国内の空港・港湾にある156カ所の入国審査ゲートで審査前に提出された外国人の顔写真と、同省が保有するテロリストの顔画像データを照合し、一致した場合は強制退去などの措置を取る。データについては、国際刑事警察機構(ICPO)や各国の治安当局と連携し、随時更新していく。16歳未満の子供と外交官、特別永住者などは対象外。

 照合作業は解析機器での処理と合わせて、顔画像に関する専門的な能力を持つ職員による鑑識も行う。

 同省は国内の主要国際空港で10月より、これまで入国審査官がブースで行っていた外国人の指紋と顔写真の取得を審査の待ち時間に行う機器「バイオカート」も導入するなど、入国手続きと保安対策の効率化と厳格化を進めている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング