みん経トピックス

羽田空港跡地整備事業者公募外国人に出入国自動化ゲート

リムジンバス、羽田空港~都心線の時刻表改正 昼間北米路線開設に対応

リムジンバス、羽田空港~都心線の時刻表改正 昼間北米路線開設に対応

羽田空港路線に使用されているリムジンバスの大型車両

写真を拡大 地図を拡大

 首都圏の空港アクセスの高速バスを運行するリムジンバス(東京空港交通、東京都中央区)は11月1日、時刻表を改正し、羽田空港~都心主要ターミナル間の路線を増便するなどした。

 時刻表改正は10月30日より、航空各社が昼間の時間帯に羽田空港を発着する北米路線を開設したことに合わせるもの。新宿・池袋・赤坂などの主要ターミナル駅への路線を昼間時間帯の重要増に対応するよう拡充。池袋線は6便を増便し、赤坂エリアへの路線は従来の倍以上の24便の運行とした。併せて運行経路と経由地などの見直しで、各路線の所要時間の短縮も実現した。

 同社営業企画担当者によると、羽田発着の北米路線の利用者には都心の赤坂エリアを目的地にするケースが多く、赤坂エリアへの路線(赤坂ガーデンテラス紀尾井町、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町)の大幅な拡充を図ったという。空港アクセスの多様化が進む中、サービスと利便性の向上で増加する航空旅客を取り込みたい考え。

 羽田空港を昼間の時間帯に発着する北米路線は、日米航空交渉で今年2月、1日10便の運航枠が認められた。同枠で今冬のスケジュールでの運航が始まったのは、ニューヨークおよびシカゴ線=ANA、サンフランシスコ線=JAL・ユナイテッド航空、ロサンゼルス線=デルタ航空・アメリカン航空、ミネアポリス線=デルタ航空、ホノルル線=ANA・JAL・ハワイアン航空。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング