みん経トピックス

カザフ直行便開設可能にサンノゼ空港に接客ロボット

全日空商事が東北海道プロモ 訪日客に情報提供、ANA就航6空港に割引運賃も

全日空商事が東北海道プロモ 訪日客に情報提供、ANA就航6空港に割引運賃も

ANA EXPERIENCE JAPAN「冬のひがし北海道」特集ページ

写真を拡大 地図を拡大

 ANAグループの全日空商事(東京都港区)は11月7日、同社が運営するインバウンド向けのサービスや地域の魅力を発信するウェブサイト「ANA EXPERIENCE JAPAN」に、特集ページ「冬のひがし北海道」を公開した。

 地域プロモーション「ANA EXPERIENCE JAPANプロジェクト」の自治体連携第2弾。観光庁が推進する広域観光周遊ルート形成促進事業の一環で、道東の6空港(紋別、旭川、帯広、女満別、中標津、釧路)に就航するANA、北海道運輸局、プライムロードひがし北海道推進協議会と連携し、豊富な観光資源がありながら外国人の訪問数が伸び悩む同地域の魅力を広く伝え、誘客につなげる。

 特集ページはPCとスマホ版を用意。ターゲットを北海道の訪問者の約4割を占める台湾・香港・タイからの旅行者に絞り、冬の道東でしか体験できない大自然、温泉、アクティビティなどの情報を掲載。コンテンツのテーマは「自然」「動物」「温泉・宿泊」「食」で、旭山動物園、大雪山国立公園、摩周湖、流氷ウオーク、炉端焼きなどを詳細にわたって紹介する。

 ANAとの連携では、道東6空港へのアクセスに割引運賃「ANA Experience Japan Fare」の利用を促す。同運賃は日本への国際線の航空会社にかかわらず、全国内路線 1区間を1万800円で利用できる。

 インバウンド観光では、東京、箱根・富士山、京都、大阪などを巡るルートが最も一般的で、「ゴールデンルート」と呼ばれている。近年、北海道の人気も高まっているが、訪問先は主に札幌エリアが中心となっている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング