みん経トピックス

警備にウエアラブルカメラ羽田にロボットスーツ導入

羽田空港で次世代ワークスタイルを提案 デルが体験型イベント開催

羽田空港で次世代ワークスタイルを提案 デルが体験型イベント開催

「次世代の働き方」ショールーム会場イメージ

写真を拡大 地図を拡大

 羽田空港第2旅客ターミナル(東京都大田区)で11月28日~30日、次世代の働き方を提唱する体験型イベントが開催される。

 ITソリューション・プロバイダーのデル(神奈川県川崎市)が半導体大手のインテルの協賛で企画した「次世代ワークスタイルショールーム」で、同社が提唱する新しい働き方「Future Ready Workforce」を多用な空港利用者に体感してもらう内容。

 会場はターミナル2階のイベントスペースの2カ所。南側にラウンジエリアとカウンターを設置し、オフィスや仕事環境を快適にするインテルの最新ソリューションや、外出先でもオフィスと同様のネットワーク環境を提供するデルのモバイル製品を展示。来場者に実際に機器や環境を体験してもらう。通路を挟んだ北側には、デルの最新PCモデルや各種モニター、オフィス外での業務に便利なアクセサリー製品などを紹介し、タッチ・アンド・トライができるようにする。

 「Future Ready Workforce」は今後5年から10年先の社会にあるべき姿、働きやすい環境を考えるもので、デルがグローバル展開するビジネスのコンセプト。同社が提唱する次世代の働き方とは、個人やチームが最大限のパフォーマンスを発揮することによって、組織全体を機能的で創造的に運営し、ビジネス全体の競争力を高めるもの。個人やチームの生産性向上や活発な組織づくりのためには、社員の円滑なコミュニケーションやそれぞれのワークスタイルに合った環境の整備、ITソリューション活用による「働き方の変革」の推進が必要だとしている。

 開催時間は10時~18時。一般エリアでの開催で、空港利用者は自由に入場できる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング