みん経トピックス

成田にフライトワン限定店羽田でパラリンピック知る展

羽田~多摩地区の空港バスに「サンリオピューロランド号」 訪日客ら向け特別仕様車

羽田~多摩地区の空港バスに「サンリオピューロランド号」 訪日客ら向け特別仕様車

サンリオピューロランド号の車内デザインイメージ

写真を拡大 地図を拡大

 羽田空港(東京都大田区)と東京・多摩地区を結ぶ高速バス路線で12月10日、「サンリオピューロランド号」の運行が始まる。

 京王電鉄バスグループの京王バス南(府中市)が、サンリオエンターテイメントの協力で「サンリオキャラクター」のラッピングや車内演出を施す特別仕様のバスを運行。羽田空港に到着し同テーマパークを利用する訪日外国人旅行者などを対象に、人気キャラクターを使う演出で地上移動の快適性を向上させる。

 車両はピンクをベースにし、側面にサンリオキャラクターを大きく描く。車内のシートや座席番号プレート、床面などのデザインや装飾にもキャラクターデザインを導入し、バス案内放送や降車ブザー音には「ハローキティ」の声を流す。

 対象は羽田空港~南大沢駅・京王多摩センター駅・聖蹟桜ヶ丘駅線の、羽田空港発1日22便と空港行き14便。運行時間帯は国際線ターミナル出発=7時25分~23時5分、南大阪駅発=4時15分~19時40分。所要時間は約1時間45分~2時間30分。運賃は大人片道1,540円~1,650円。高速バス予約サイト「ハイウェイバスドットコム」で事前予約可能。

 「ハローキティ」に代表されるサンリオのキャラクターは、東南アジアを中心にした各国で高い人気があり、「サンリオピューロランド」を訪れる訪日外国人旅行者は増加傾向にある。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング