みん経トピックス

羽田でパラリンピック知る展関空伊丹が温暖化防止空港に

羽田空港に外国硬貨を電子マネーに交換する端末 4通貨対応「Travelers BOX」

羽田空港に外国硬貨を電子マネーに交換する端末 4通貨対応「Travelers BOX」

「Travelers BOX」設置イメージ

写真を拡大 地図を拡大

 羽田空港(東京国際空港、東京都大田区)国際線ターミナルに成田国際空港(千葉県成田市)に12月12日、外国硬貨を電子マネーに交換できるセルフサービスの端末「Travelers BOX(トラベラーズボックス)」が設置された。

 海外旅行などで使い切れなかった外国通貨の硬貨を、世界で流通するVisaプリペイド、Mastercardプリペイド、Skypeなど12種類の電子マネーやポイントに交換できる。取り扱い可能な外国通貨は米ドル、ユーロ、人民元で、日本円にも対応する。対象となるコインの最低金額は通貨ごとに決まっているほか、交換先の電子マネーの利用可能な国には一部制限がある。

 同社は同交換サービスが、推計年約3,000億円、累積約1兆円以上にも上ると見られる「余り外貨」の社会経済への還元に貢献できるとしている。

 端末は同ターミナル3階の出国エリアに設置し、同日からサービスを開始。利用者はタッチパネルで交換したい電子マネーやポイントを選択し、メールアドレスを入力後、硬貨を投入する。手続き内容を確認すると「Travelers BOX」からメールで通知が届き、記載されたリンク先から電子マネー・ポイントへの交換手続きができる。全ての処理は約2日で完了する。

 「Travelers BOX」は英領ジブラルタルを拠点にする旅行・金融サービス企業で、現在までにヨーロッパと北米を中心に同事業を展開している。羽田空港での設置は、成田国際空港第1ターミナルで7月に営業を開始した国内初の端末に続くもの。今後、全国のほかの空港、駅、バスターミナル、商業施設などに計25台を設置する計画も決まっているほか、対応する電子マネーの種類も拡充していく。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング