みん経トピックス

ピーチ、仙台-台北線就航へ成田空港近くで6輪レンタル

羽田に「ANA Airport」 新総合訓練施設、一般見学エリアも設置

羽田に「ANA Airport」 新総合訓練施設、一般見学エリアも設置

総合訓練施設「ANA Airport」の一般見学エリアの完成イメージ

写真を拡大 地図を拡大

 ANAが羽田空港(東京国際空港、東京都大田区)近くで7月、総合訓練施設の新設工事を開始する。

 VR、AR技術を含めた最新鋭の設備を有する訓練施設「総合トレーニングセンター(仮称)」で、将来の航空需要の増加に備え、現在、羽田周辺に点在している運航、客室、整備、旅客、貨物などの各業務分野の訓練施設を集約し訓練の効率化を進める。実際の飛行機の到着から出発までの実際のオペレーションを想定し、運航に関わる全ての社員が合同で訓練できる環境を整備することで、航空運送事業の安全性の向上と品質・サービスのベースとなる人的投資の拠点と位置付ける。

 施設コンセプトには、空港の環境を再現した施設で、社員が学び巣立ち、さらなる成長向けた訓練に戻ってくることを念頭に「ANA Airport」を掲げている。

 場所は京浜急行空港線穴守稲荷駅から徒歩6分の約1万坪の敷地(大田区羽田旭町)で、建物は地上8階建て、延べ床面積1万7800坪となる計画。

 新施設ではこれまで非公開だった訓練の一部を一般に向けて公開する予定で、運航乗務員用のシミュレーターや客室乗務員用のモックアップなどの訓練施設の見学を可能にするほか、同社の安全への取り組みや歴史の紹介、シート等のプロダクトなどを展示するエリアも設置する。

 供用開始は2020年3月を予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング