みん経トピックス

羽田で東京五輪新競技紹介関空にガチャ145台増設

JALが非金属製車いすを全国の空港に導入 木製で保安検査通過可能に

JALが非金属製車いすを全国の空港に導入 木製で保安検査通過可能に

JALが全国の空港に導入する「木製車いす」

写真を拡大 地図を拡大

 JALは7月12日、全国の空港に非金属製の車いすを順次導入すると発表した。車いすを利用する旅客が、そのまま保安検査場を通過できるようになる。

 新タイプの車いすは木製で、主要パーツに丈夫で美しいシラカバの木を採用し、留め具に樹脂を使うことで完全な非金属製とした。開発はJALと福祉機器メーカーであるキョウワコーポレーション(広島市)が共同で行った。同車いすは金属を探知する保安検査機器に反応しないため、利用者旅客は車いすから一時的に乗り降りすることなく、保安検査場をスムーズに通過できるようになる。木のぬくもりと優れたクッション性により乗り心地の良さを実現していることも特長という。

 導入対象空港は同社が就航する国内空港(羽田空港国際線ターミナルでは各社共通の車いすを使用)。初回導入台数は80台。その後、2018年までに計約250台を配備する予定。

 同社は2011年、空港への導入事例としては世界で初めて非金属性の竹製車いすを一部空港に導入した。今回の新車いすの開発と配備で、多様な旅客のアクセスビリティーと空港利用の快適性の向上を図るとしている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング