みん経トピックス

スタフラが靴磨きサービス「むすび丸ジェット」就航

北九州空港に世界最大級輸送機「アントノフ」 米・固定翼無人機「ガーディアン」運ぶ

北九州空港に世界最大級輸送機「アントノフ」 米・固定翼無人機「ガーディアン」運ぶ

北九州空港に駐機している「アントノフ An-124」

写真を拡大 地図を拡大

 北九州空港(福岡県北九州市)に4月25日、世界最大級の貨物輸送機「アントノフ An-124」が飛来している。同機の飛来は一昨年6月に続く3回目。

【MINKEITV】北九州空港に世界最大級の貨物輸送機「アントノフ」(小倉経済新聞)

 積載してきたのは、米国「ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ」社製の固定翼無人機「MQ-9ガーディアン」で、5月から壱岐対馬(長崎県)近海上空を飛行し、海洋観測や海難救助の支援などの実証実験を行う予定。北九州港から海路で運ぶという。

 アントノフ An-124は、1970年代の旧ソ連時代に軍事物資輸送を目的に開発された貨物機で、「航空輸送業界では747ジャンボジェットに積めないものは、これで輸送するのが定番」と、現場の輸送会社関係者。

 MQ-9ガーディアンは、アメリカ軍が保有する攻撃型無人ドローン機の「RQ-1プレデター」などと形状が酷似しており、積み下ろしの過程でその姿をカメラに収めようとする、マスコミ数社や航空ファンら約10人がフェンス越しに見守ったが、コンテナなどに収納され、その姿を見ることはできなかった。

 空港関係者によると「(飛来情報は)マスコミや一般に全く知らせていないにもかかわらず、見物客がいることが不思議」と不審がっていた。現場に居合わせた30代の航空ファンは「旧ソ連の貨物機がアメリカ軍の機材を運んでくるという、皮肉のような稀な機会に立ち会えた」と笑顔で話した。

 「アントノフ」は、27日まで同空港の5~7番スポットに駐機し、空港来場客は展望デッキからその姿を見ることができる。(取材協力=小倉経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング