みん経トピックス

「最後の空港」が開港関空商業ゾーンリニューアル

ANA、機内に女性専用化粧室導入開始-男性専用求める声も

ANA、機内に女性専用化粧室導入開始-男性専用求める声も

女性客から好評を得ているというANAの女性専用機内化粧室 写真=新橋経済新聞

写真を拡大 地図を拡大

 ANA(本社=東京都港区)は3月1日より、同社グループ国際線仕様機に女性専用化粧室の導入を開始した。女性専用化粧室が機内に設置されるのは初。

 女性専用化粧室となるのは、各機材エコノミークラスの客室最後方部の1室。女性専用室には案内マークを入れ、特別な事情がない限り女性のみに開放する。ファーストクラスやビジネスクラスの客室利用者でも、女性であれば同化粧室の使用が可能。

 男性が同化粧室を利用できるのは、「離着陸時、ベルトサイン点灯直前における安全面から必要がある場合」「男性が体調不良などにより緊急的に使用する必要性がある場合」「著しく女性の搭乗旅客数が少ない便など、女性専用を解除し共用化粧室として運用する場合」など。

 女性専用化粧室導入に踏み切ったのは、同社が利用客へ行うアンケートで女性からの要望が多かったため。「男性の後は使いづらい」「機内での食事の後、男性の列に並ぶのが嫌」などの声が寄せられていたという。

 同社では当初、4月末までにA320・B737を除く全機材に女性専用化粧室の導入を予定していた。しかし、「導入開始後に男性のお客さまから『女性専用があるならば男性専用も設置してほしい』との声が上がり、再検討している」(同社広報の手塚さん)という。

 手塚さんは「女性専用導入を中止することはない」としたうえで、「男性専用を設置するという案のほか、一般の公衆化粧室のように男女別々という選択肢もある」と話し、利用客の声を反映していく姿勢をみせる。(取材協力=新橋経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング