みん経トピックス

機内で世界初たる生ビール新石垣空港ビルの設計発表

FDA、県営名古屋空港に就航へ-JAL撤退福岡線を引き継ぐ

FDA、県営名古屋空港に就航へ-JAL撤退福岡線を引き継ぐ

一機ごとに色が異なるFDAの航空機 写真=フジドリームエアラインズ

写真を拡大 地図を拡大

 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡県牧之原市)は7月16日、県営名古屋空港(小牧空港、愛知県小牧市)と福岡空港を結ぶ新路線を10月末に開設すると発表した。

 同路線は現在、同空港から今秋に全面撤退するJALが1日5往復運航している。FDAの就航はJAL運休路線を引き継ぐもの。機材には同社が10月以降に受領予定の4号機・5号機(エンブラエルERJ170または175、座席数=76席・84席)を使用する予定。運航スケジュールなどの詳細は今後調整していくが、1日2往復の運航態勢となる見通しなどがすでに伝えられている。

 FDAの新規路線は、同様にJAL撤退路線を継承するかたちで4月に開設した同空港~福岡・新千歳線と、6月の信州まつもと空港(長野県松本市)~福岡・新千歳線に続くもの。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング