みん経トピックス

成田で「ナリタ買い」日韓がオープンスカイ合意

大分空港に金属探知機に反応しない「竹製車椅子」-地元企業とJALなどが開発

大分空港に金属探知機に反応しない「竹製車椅子」-地元企業とJALなどが開発

JALなどが共同開発し、大分空港に導入する「竹製車椅子」 写真=JAL

写真を拡大 地図を拡大

 JALは12月21日、空港保安検査場の金属探知機に反応しない「竹製の車椅子」を開発したと発表した。国内で初めて大分空港(大分県国東市)に導入する。

 車椅子の航空旅客は通常、搭乗手続きカウンターで自身の車椅子を荷物として預け、出発ゲートまでは航空会社が用意した別の車椅子で向かうが、保安検査場では航空会社の車椅子の金属部分が探知機に反応するため、ボディーチェックなどの追加手続きが求められていた。

 竹製の車椅子は同社が、サン創ing社(大分県日出町)と産業技術総合研究所(東京都千代田区)と共同開発した。座面・背もたれ・タイヤのゴムや車輪などを除けば、ブレーキ部分を含めてすべて竹製であることから、利用者は車椅子に座ったまま保安検査場を通過できる。「竹特有の温かさを感じることができ、介護用と見られがちな車椅子ではなく洗練された家具のような雰囲気を併せ持つ」(同社担当者)という。「日本の産業文化・最先端技術・おもてなしの心が融合した製品」とも。

 制作を担当したサン創ingは店舗や住宅家具の制作のかたわらこれまでにも、オリジナルの竹製車椅子を制作を手がけ、由布院温泉の老舗旅館などに導入している。大分県は国内有数の竹材生産地で、加工技術の集積も進んでいるという。

 JALは同車椅子の試験的な貸し出しサービスに向けて3台を導入し、2011年1月より大分空港に1台、2月より羽田空港に2台を配備する。(取材協力=羽田経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング