みん経トピックス

花巻空港とJAL「80日間世界の旅」募集

チャイナエアラインが関空~NY線開設-関空初の米東海岸直行便

チャイナエアラインが関空~NY線開設-関空初の米東海岸直行便

チャイナエアラインのボーイング747-400型機

写真を拡大 地図を拡大

 チャイナエアライン(台湾、CI)は4月29日、関西国際空港(大阪府泉佐野市)とニューヨークJFK空港を結ぶ新路線を開設する。

 現在、週3便で運航する台北~アンカレジ~JFK線の経由地を夏期スケジュールより関空に変更するもので、関空からは初めての米東海岸の都市へのノンストップ便の就航となる。

 運航スケジュールは関空出発が21時50分・JFK到着が22時(火曜・金曜・日曜)、JFK出発が2時10分・関空到着が翌朝5時30分着(月曜・水曜・土曜)。機材はビジネスクラスとエコノミークラスの座席数合計389席のB747-400ER型機を使用する。

 同社によると、関空からニューヨークへの直行便は「経済界・旅行業界からも長く待ち望まれていた路線」で、関西国際空港全体構想促進協議会とともに進めたプロモーション活動などの結果だという。新規就航で関空を拠点にしたビジネスと観光の両面での旅客需要の増加に期待する。

 新路線の開設で関空~台北線も増便し、日帰りを含む路線スケジュールの利便性と高める。全ての運航計画は現在、「政府認可申請予定」。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング