みん経トピックス

福岡空港ウォーク山形空港が学習用空港冊子

PEACH、本社オフィスを関西国際空港内で移転・拡充

PEACH、本社オフィスを関西国際空港内で移転・拡充

PEACHの航空機デザイン

写真を拡大 地図を拡大

 国内初の本格LCC航空会社「PEACH」(Peach Aviation)は8月1日、本社オフィスを関西国際空港(大阪府泉佐野市)内のエアロプラザから建設棟に移転した。

 同社はANAとファーストイースタン投資グループ(香港)らが出資し今年2月に発足。同空港を拠点として2012年3月の定期便運航開始を計画する。就航路線として福岡・札幌・ソウル線などを計画していることも既に発表している。

 同空港では2012年度下期に国内初のLCC専用ターミナルがオープンする。延べ床面積は約9000坪で、コストを抑えるため意匠・装飾を抑えた機能重視のシンプルな設計が特徴となるという。PEACHは同新ターミナルを同社の運航ネットワークの拠点とすることを既に決めている。

 今後の事業展開について、同社が「安定的な低コスト体制を実現し、365日低運賃を提供することをミッションとする。航空における新たな価値・選択肢を生み出していく」とコメント。今回の本社移転については、「運航開始に向けての人員増加と今後の本格的なオペレーション業務に備えるもの」としている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング