みん経トピックス

空港内部がグーグルマップに能登空港キャンペーン

シベリア上空通過便規制、大幅緩和へ-日本・ロシア航空協議合意で

シベリア上空通過便規制、大幅緩和へ-日本・ロシア航空協議合意で

ロシア・シベリア上空を飛行する航空機より撮影

写真を拡大 地図を拡大

 国土交通省航空局は12月1日、日本とロシアの航空協議で両国がシベリア上空通過便の大幅な規制緩和などに合意したと発表した。

 主な合意事項は以下の通り。日本の航空会社の運航において2012年夏季スケジュール以降にシベリア上空通過便数を大幅に拡大し、超大型機エアバスA380型機の使用制限も撤廃する。あらゆる種類のコードシェア便の運航を認め便数上限を撤廃することで、コードシェア便運航拡大の枠組みを作る。さらに新たに「日本・ロシア間における中間地点」の設定も可能にする。これにより日本国内の出発地と相手国内の到着地との間の第三国内に経由地を設定できる。航空局によると中間地点の設定により、日本企業による日欧間のシベリア上空経由便の増便が可能になるという。

 ロシアの航空会社については、同様にコードシェア便の拡大と中間地点の新設を可能にするほか、2012年夏季スケジュール以降の成田空港路線の輸送力の拡大を認めた。

 日本とロシアの間には両国の航空会社が週に計20便(貨物便含む)を運航し、シベリア上空を通過する日欧間の直行便は週68便(同)ある。両国間の旅客輸送実績は21.3万人(2010年)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング