みん経トピックス

成田にビジネス機ターミナル羽田国際線ビルに新ホテル

香港から仙台へ「東北復興フライト」-JALが特別チャーター便運航

香港から仙台へ「東北復興フライト」-JALが特別チャーター便運航

着陸態勢に入るJAL航空機(参考画像) Photo © Jun Matsumoto

写真を拡大 地図を拡大

 JALは3月11日、香港国際空港から仙台空港に向けてボーイング767型機による「東北復興特別チャーターフライト」を運航する。

 同社の東北復興に向けた取り組みへの支援活動の一環で、香港の旅行会社「EGツアーズ」「東日トラベル」が企画した。震災から1年となる同日に「旅を通じて東北地方全体を元気にしていきたい」というメッセージを込め、訪日旅行者を直接東北に案内する。

 3月11日未明に香港を出発し、早朝8時ごろに仙台に到着予定。出発前の香港国際空港と到着後の仙台空港では記念のセレモニーを開催し、仙台空港では地元宮城県の人々のほか、東北観光推進機構・東北運輸局・観光庁・政府観光局の担当者らも乗客を歓迎する。

 同便には香港政府観光局次長や現地の旅行会社社長らも搭乗予定で、日本滞在中には宮城県・岩手県を表敬訪問する。一般の旅客は到着後、松島・厳美渓・奥入瀬渓流・田沢湖・安比高原・会津鶴ヶ城など東北を代表する観光地を巡る予定。

 JALは震災発生翌日から約5か月に約2,700便の臨時便を東北地方に運航し、これまでも仙台空港などでの復興イベント開催に協力している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング